まずは完成イメージを明確にしよう

注文住宅は施主の好みに応じた自由な設計が可能な住宅です。居室を含む建物はもちろん、庭や駐車場も重視した家にしたいときは、できるだけ完成イメージを明確にして住宅メーカーの担当者と打ち合わせをしましょう。庭はどれくらいの広さで方角はどこを向いているのか、何台分の駐車場が必要なのかイメージしてみてください。建築予定の土地の広さと居住予定の人数のバランスによっては、庭や駐車場の広さを妥協しなければいけないかもしれません。おすすめのバランスは住宅メーカーの担当者から提案があるので、参考にしてください。

予算配分にも注意しよう

住宅の購入は高額な買い物になる傾向にあります。注文住宅は設計を工夫できるので建築コストを抑えた設計も可能ですが、庭や駐車場も重視する場合、最終的な見積もりが高額になるおそれがあります。住宅のコストを削りすぎて生活の質を落とさないように、予算の配分には注意してください。ここでも住宅メーカーの担当者からの提案が参考材料になります。庭は長期的な視点に立って完成を目指すプランにすれば、初期投資を抑えられるかもしれません。

駐車場はいろいろと工夫できる

駐車場を重視したいとき、必要な駐車スペースを把握しましょう。将来、何台の車を所有する予定なのかで必要な広さが大きく異なるからです。土地の広さとの関係でスペースの確保が難しいときは、住宅設計で工夫する手段があります。地下あるいは1階部分を駐車場にして、2階より上を居住スペースにすれば駐車場を確保できるかもしれません。地下に駐車場を作ったり高層の住宅を設計したりすると、建築コストが高くなることもあるのでよく検討してください。

名古屋の注文住宅を建てる際、特に子育て世代には、閑静な住宅街である文教地区がとても人気となっています。