狭小住宅ってどんな住宅?

狭小住宅とは、特に小さな土地に建てられた住宅のことです。狭小住宅に分類される土地の大きさは、おおよそ15坪以下。非常にコンパクトな造りであることが最も大きな特徴です。家は広い方が良いというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、狭小住宅には広い家にはないメリットもあります。

狭小住宅のメリットは?

狭小住宅はコンパクトな造りであるため、平均的な住宅より比較的安いコストで建てやすいというメリットがあります。坪数が少ないので土地代を抑えられます。また、面積が小さいことにより、固定資産税なども安く済みます。土地を見つけやすいという点もメリットでしょう。立地条件が良く、かつまとまった広さがある土地を見つけることは簡単ではありませんが、15坪以下の土地であればグッと選択肢が広がります。

なお、狭小住宅で生活する中でもメリットが多々あります。例えば、住宅がコンパクトになることで、無駄な光熱水費を削減でき、生活費を抑えられることが挙げられます。広い家はその分さまざまな費用がかさみやすくなるもの。その点、狭小住宅は限られた土地に建物を収めるため、必要な機能を厳選しているため、無駄を削ぎ落すことができます。そのほか、敷地面積が限られているので、掃除や手入れがしやすいということもメリットでしょう。広い家は維持管理のための手間もかかります。このような狭小住宅のメリットも理解した上で、自分にはどのような住宅がマッチしているのか考えれば、より理想に近い家づくりができるかもしれません。

狭小住宅とは、狭い土地に建てられる在宅のことです。狭い土地というのはデメリットではなく、土地価の高い都心部でも安い税金で家を建てられるというメリットがあります。