駐車するスペースが十分にあるか

マイホームとして注文住宅を建設することを考えている人は多いことでしょう。注文住宅というと家作りの方に目が行きがちですが、駐車場の設計にも細心の注意を払うべきです。おざなりに設計してしまうと、こんなはずじゃなかったと後悔する羽目になるからです。駐車場の設計で一番肝心なのは、所有する車を駐車するのに十分な広さがあるかどうか確認することです。あまりにスペースが狭いと、ドアをスムーズに開閉することが困難になる恐れもあります。車を道路に出してから乗り降りすることになるので注意が必要ですよ。

ストレスなく車の出し入れができるか

駐車場を注文住宅とともに設計する際には、出し入れがスムーズにできるかどうかも確認が必要です。通勤で毎日のように車を使う場合、車の出し入れが大変だと日常的に強いストレスを感じることになります。たとえば、駐車スペースの前の道路の幅があまりに狭いと、何回も車を切り替えしなければいけません。特に運転するのがそれほど得意ではない場合、大変なので、スムーズに出し入れができる環境かどうか注意しましょう。

洗車する際のスペースがあるか

自動車が汚れてしまった場合、自身で洗車を行う人は数多くいることでしょう。そのため、駐車場を設計する際には洗車するだけの十分なスペースがあるかどうかも吟味した方がいいでしょう。たとえば、すぐ近くに洗濯物を干している場合、水がかかってしまう可能性があります。また、隣と近い距離にあるならば、洗車をした際の水が隣の家の方へかかって迷惑をかけてしまうことになります。したがって、駐車場と隣の家との位置関係は必ず事前にチェックした方がいいでしょう。

間取りの設計は注文住宅において重要なポイントとなりますが、一から決めるのは簡単ではありません。福岡の注文住宅を建てる時は、モデルハウスを参考にするのがコツです。