家族の希望に合う住宅のデザインや工法を決めよう

注文住宅は、オリジナリティのある住宅を好む人にとって理想的な物件として位置づけられています。そうした中、注文住宅の購入計画を立てる際は、早いうちから家族やハウスメーカーのスタッフと相談をして、希望に合うデザインや工法などを決めることがポイントです。特に、子どもからお年寄りまで幅広い年代の家族が快適に生活できる家造りをするには、間取りや家具の配置などにも工夫をすることが重要となります。そこで、早めに注文住宅の施工実績が豊富なハウスメーカーを訪れて、多くの消費者から選ばれている注文住宅の傾向について、ベテランの担当者から具体的な話を聞くことがおすすめです。

住宅購入資金の不足分を住宅ローンでカバーしよう

住宅ローンは、今や各地の銀行や信用金庫、農協などが扱っており、住宅購入の資金が足りない場合に、貸付金利や返済方法などに注目をしながら、積極的に利用を検討することがおすすめです。収入に見合ったローンの組み方や負担の少ない返済の仕方については、素人にとって理解が難しいことがあるため、FPなどの資格を有する金融機関の担当者に様々な角度からアドバイスを受けると良いでしょう。また、ハウスメーカーの担当者と話し合って、詳細な購入費用について早い時期に確認をすることが肝心です。なお、住宅ローンの完済までの期間を短くするには、ローンの契約時になるべく頭金を多めに用意したり、利息軽減を目的として臨時収入を使った繰り上げ返済の手続きを行ったりすることも大事です。

注文住宅となると、一生に何度もする買い物ではありません。ご自身のこだわりや譲れない条件を反映させてくれる設計事務所を探して、横浜の注文住宅のオーナーになりましょう。