設計の段階では気づかなかった…二世帯の注文住宅で不便を感じる間取りとは?

玄関が1つだけのパターン

「建てる前は気づかなかったけど住んでみたら意外と不便が多かった…」これは二世帯の注文住宅を建てた人からよく聞かれる意見です。そこで今回は二世帯住宅を注文する際の間取りの工夫を紹介します。

まず不便を感じるケースとして多いのが、玄関を1つにしてしまったパターンです。二世帯住宅では親世帯が1階に住み、子世帯が2階に住む間取りがほとんどです。すると子世帯の旦那さんが仕事で遅くなって深夜に帰宅する際に、玄関を開閉する音が原因となって1階で就寝している親世帯が目を覚ましてしまうという事例が生じました。また子世帯のお嫁さんがちょっとおしゃれをして外出しようとするたびに、姑さんから「そんな格好して、どこに遊びに行くのかしら?」とイヤミを言われるという意見もありました。そこで重宝されるのが“第2の玄関”です。できるだけ階段に近い場所に第2の玄関を設けることでお互いのストレスが軽減されますよ。

脱衣室と洗面室が分かれていないパターン

また脱衣室と洗面室を一緒にしてしまったことで、不便を感じるケースも多いです。脱衣室と洗面室が一緒だと入浴を終えた子世帯のお嫁さんと、就寝前に歯みがきをしている親世帯のお父さんがバッタリ会ってしまう可能性が生じます。夫婦や親子なら平気かもしれませんが、血のつながっていない家族だとお互いに気まずさを感じますよね。お風呂から上がるたびに、もしくは歯みがきをするたびに家族とタイミングを見計らう必要をなくすために、二世帯住宅の場合は脱衣室と洗面室を分けた間取りにすることが推奨されます。

なぜ今、京都の注文住宅が人気なのでしょうか?それは、歴史を重んじる街並みに溶け込みながらもセンスの良い自分好みの和モダンテイスト空間が作り出せるからです。

購入する前に知っておきたい!注文住宅の業者の選び方

自分の理想を叶えてくれる業者を選ぶ

依頼する建築業者によって提案してくれる間取りやプランには大きな違いがあるので、自分たちの希望をきちんと聞いて、それを叶えてくれるような業者を選ぶことが大切です。気になる業者のカタログを用意してデザイン性をチェックしたり、どのようなこだわりで家を建てているのかを調べます。実際の家を見学することが出来るイベントにも参加して、自分の目で確かめておくことも大事です。

また業者の担当者の提案力もチェックします。本当に信用することが出来るのか調べるためにも、正しい知識と確かな提案力があるのか判断します。知識を調べるときには分からないことを質問して、的確な答えが返ってくるのか試すのです。疑問を解決してくれるような答えは返ってくるのか、その場で答えられなくても調べてから後で報告してくれるのかも重要です。提案力を判断するときには、希望を伝えたときにハッキリと「出来る」「出来ない」を伝えて貰えるのか見ておきます。理想を叶えることが出来なくても代替案を出してくれることもチェックポイントの一つです。

アフターケアに力を入れているのか

何十年と暮らすことになる住宅は、定期的な点検や修理、リフォームなどが必要です。アフターサービスが充実している業者なら注文住宅を建てた後でも安心ですし、何かあったときにも助けてくれます。特にアフターサービスの専門部門がある業者はメンテナンスに力を入れていることが多く、専門知識の持ったスタッフが揃っています。どんなアフターサービスが受けられるのか、どのくらいの費用が必要になるのかも聞いておくと安心です。

一世一代のイベントである、マイホームの購入。何処に建てよう、何処の地域がいいのだろう。マイホーム購入に悩んでいる方、埼玉の注文住宅はいかがでしょうか。

注文住宅を購入するなら家族やハウスメーカーの担当者との打ち合わせが大事!

家族の希望に合う住宅のデザインや工法を決めよう

注文住宅は、オリジナリティのある住宅を好む人にとって理想的な物件として位置づけられています。そうした中、注文住宅の購入計画を立てる際は、早いうちから家族やハウスメーカーのスタッフと相談をして、希望に合うデザインや工法などを決めることがポイントです。特に、子どもからお年寄りまで幅広い年代の家族が快適に生活できる家造りをするには、間取りや家具の配置などにも工夫をすることが重要となります。そこで、早めに注文住宅の施工実績が豊富なハウスメーカーを訪れて、多くの消費者から選ばれている注文住宅の傾向について、ベテランの担当者から具体的な話を聞くことがおすすめです。

住宅購入資金の不足分を住宅ローンでカバーしよう

住宅ローンは、今や各地の銀行や信用金庫、農協などが扱っており、住宅購入の資金が足りない場合に、貸付金利や返済方法などに注目をしながら、積極的に利用を検討することがおすすめです。収入に見合ったローンの組み方や負担の少ない返済の仕方については、素人にとって理解が難しいことがあるため、FPなどの資格を有する金融機関の担当者に様々な角度からアドバイスを受けると良いでしょう。また、ハウスメーカーの担当者と話し合って、詳細な購入費用について早い時期に確認をすることが肝心です。なお、住宅ローンの完済までの期間を短くするには、ローンの契約時になるべく頭金を多めに用意したり、利息軽減を目的として臨時収入を使った繰り上げ返済の手続きを行ったりすることも大事です。

注文住宅となると、一生に何度もする買い物ではありません。ご自身のこだわりや譲れない条件を反映させてくれる設計事務所を探して、横浜の注文住宅のオーナーになりましょう。

安く別荘が所有できる?!リノベーションで理想の別荘を手に入れよう

掘り出し物の中古別荘が増えている?!

日本には熱海や軽井沢など人気の別荘地が沢山あります。バブル期には多くの別荘が立ち並びましたが、少子化や人口減少の影響で空き家になっている別荘も増えてきています。そのため、掘り出し物の中古別荘に出会える確率が高くなっているのです。

そういった掘り出し物の別荘を見つければ、土地と建物込みの値段で購入ができるので、新築よりもより安く別荘を手に入れることができます。

リノベーションで安く別荘を手に入れよう!

けれど、中古別荘だと古いし汚そうだしというイメージがありますが、その問題を解決する方法があります。それがリノベーションです。掘り出し物の別荘に出会えたら、その別荘をリノベーションしましょう。リノベーションとはリフォームよりも大規模な改築のことを言います。大幅にリノベーションをしてしまえば、古さが気にならない程になります。

思い切って、自分の理想の別荘にリノベーションすることで、新築で別荘を建てるよりも、安く理想の別荘を手に入れることが可能です。

使わない日は貸し出しもできる?!

けれど維持費は結局高いし、別荘を安く手に入れてもと思いますよね。そんな時は、他人に貸し出すことも可能です。別荘は年間通しても使わない日が多いので、貸し出してしまえば収入を得ることができます。大人数でワイワイと過ごしたい人にはもちろんのこと、別荘を所有した気分を味わいたい人や、最近では外国人宿泊者も増えているので、泊まりたいという人は意外にいるものです。そういう人に貸し出して、収入を得ることができれば、維持費を賄うことができて、更に安く別荘を所有できるのです。

北杜市 不動産店で八ヶ岳南麓北杜市の長坂町、高根町、小淵沢町、大泉町を中心とした地域の住宅や別荘地を探しましょう。地元に密着した情報量で希望の不動産が探せます。

こだわりの賃貸物件で快適な暮らしをするためには

こだわりの条件を書き出そう

一人暮らしをするために賃貸マンションを借りて生活をスタートさせるためには、どのエリアでどのくらいの家賃の賃貸マンションを借りるか検討します。エリアを決めないことには、相談にのってもらう不動産屋も決めることができませんから、まず最初にエリアを決めることが重要です。エリアを決めた後に、だいたいどれくらいの家賃が自分の生活水準から妥当かを判断します。そのうえで、自分がこだわりたい部分、妥協したくない部分を箇条書きにします。そして、住みたいエリアにある不動産屋に足を運んで箇条書きにした条件で不動産屋に相談し、物件を探してもらいましょう。きちんと希望条件を最初に掲げておかないと、不動産屋もどんな物件を探せばよいのかわかりません。例えば、ペットと一緒に暮らしたい人はペット可の物件が条件になります。駅から徒歩5分以内とか、2階以上に住みたいとか、色々とあるでしょう。条件が多くなればなるほど紹介してもらえる物件数は少なくなっていくので、妥協しても良い部分には優先順位をつけておくと良いです。

こだりの条件で事前調査も可能です

今の時代であれば、どこの不動産屋でも基本的にはホームページを持っています。不動産屋のホームページにアクセスすることで、自分でこだわりの条件を入力したり、チェック機能でチェックして検索をかけることができます。これでもある程度、希望する物件が絞り込めますので、不動産屋に行く前に自分で検索してみましょう。最終的には未公開物件等も不動産屋では抱えているので、お店に行って相談です。

北斗市の賃貸は新築物件が多く、コストパフォーマンスがいいので、どこを選んでもあまり外れがないのが魅力です。

賃貸物件の契約に必要な費用について押さえておこう!

敷金礼金が掛からない賃貸物件も増えている

賃貸物件を探すにあたっては、初期費用や月額費用について物件情報を参考にしながらきちんと理解することが大切です。特に、駅前や繁華街などの周辺にある高級なマンションについては、経済的な負担が大きくなることもあり、慎重に費用の相場を確認しておきましょう。最近では、都市部を中心に敷金礼金が一切掛からない賃貸物件が増えており、少しでも初期費用を安く抑えたい人にとって大きな利点があります。例えば、学生や若年層のサラリーマンやOLをターゲットとした賃貸物件については、トータル的な住居費が安いところも多いため、信頼のおける不動産会社のサポートを受けて、早めに希望条件に合う物件を探してみると良いでしょう。

管理会社によって賃料の支払い方法に違いがある

賃貸物件の賃料の支払い方については、管理会社の方針によって大きく異なるため、時間を掛けて安心して契約を結ぶことのできる会社を選ぶことが大事です。特に、家賃や敷金、管理費などが高めに設定されている物件については、入居の際に数か月分の賃料を一括して支払われなければならない場合もあります。最近では、入居者の希望に応じて、様々な支払い方法を選択できる管理会社も増えており、契約先を決めるにあたり、各地の評判の良い会社のホームページを参考にしたり、担当者に相談をしたりすることがおすすめです。なお、長期間にわたって同じ物件で生活をしたい場合には、契約更新の際に掛かる手数料についても事前に把握をしておくことが肝心です。

地下鉄東西線の菊水駅は、大通駅から一駅です。菊水の賃貸で、間取りが1ルームや1Kの場合は家賃相場「約40,000円」です。また、3LDKでは約100,000円を超える家賃の相場となっています。