注文住宅を建てたいけど業者の選び方がわからない!!どうやって選ぶのが正解?

知名度だけで業者を選択してもいいか

注文住宅を建てたいときは業者に依頼しなければいけません。まずはどの業者に依頼するか決めなければいけませんが、全く知識がない状態だとどんな業者があるのかどう選んだらいいのかわからないでしょう。その時に選びがちなのが大手の住宅会社で、社名やその会社の提供するブランド名などを知っているのが理由のようです。もちろん業者によっては求める住宅を提供するところもあるので建てた後に満足できればいいですが、建てた後にもっと比較すればよかったなどと後悔するのは避けなければいけません。大手会社は広告宣伝費などの経費が掛かっている分中小の業者に比べるとコストが高くなるケースがあります。知名度だけでなく内容やコスト面をしっかり比較して選んだ方がいいでしょう。

業者が得意とする住宅を知って選ぶ

住宅街を歩くと沢山の住宅が見られるでしょう。住宅の購入を考えていないときはどの住宅も同じように見えるかもしれませんが、いざ注文住宅で建てようとするといろいろな種類の住宅があると気付きます。その中には気になる住宅もあればこれは選ばないとする住宅も出てきそうです。住宅を建てているのは住宅会社や工務店などの業者で同じ業者であってもいろいろなラインナップを持っているところもあります。ただそれぞれの業者においては得意分野があり、選ぶのであればより希望に近い住宅を建ててくれるところの方がいいでしょう。大手住宅会社ならホームページなどでモデルハウスが見られますし、工務店に問い合わせると実績写真などの情報を見せてもらえます。それらの情報を利用してぴったりの業者を探すようにしましょう。

こだわりの詰まったマイホームを建てるには、信頼できる工務店の情報を収集する力が求められます。家族そろって笑顔になれる豊かな暮らしが、大阪の注文住宅なら叶います

注文住宅で駐車場を設計する際のポイント!

駐車するスペースが十分にあるか

マイホームとして注文住宅を建設することを考えている人は多いことでしょう。注文住宅というと家作りの方に目が行きがちですが、駐車場の設計にも細心の注意を払うべきです。おざなりに設計してしまうと、こんなはずじゃなかったと後悔する羽目になるからです。駐車場の設計で一番肝心なのは、所有する車を駐車するのに十分な広さがあるかどうか確認することです。あまりにスペースが狭いと、ドアをスムーズに開閉することが困難になる恐れもあります。車を道路に出してから乗り降りすることになるので注意が必要ですよ。

ストレスなく車の出し入れができるか

駐車場を注文住宅とともに設計する際には、出し入れがスムーズにできるかどうかも確認が必要です。通勤で毎日のように車を使う場合、車の出し入れが大変だと日常的に強いストレスを感じることになります。たとえば、駐車スペースの前の道路の幅があまりに狭いと、何回も車を切り替えしなければいけません。特に運転するのがそれほど得意ではない場合、大変なので、スムーズに出し入れができる環境かどうか注意しましょう。

洗車する際のスペースがあるか

自動車が汚れてしまった場合、自身で洗車を行う人は数多くいることでしょう。そのため、駐車場を設計する際には洗車するだけの十分なスペースがあるかどうかも吟味した方がいいでしょう。たとえば、すぐ近くに洗濯物を干している場合、水がかかってしまう可能性があります。また、隣と近い距離にあるならば、洗車をした際の水が隣の家の方へかかって迷惑をかけてしまうことになります。したがって、駐車場と隣の家との位置関係は必ず事前にチェックした方がいいでしょう。

間取りの設計は注文住宅において重要なポイントとなりますが、一から決めるのは簡単ではありません。福岡の注文住宅を建てる時は、モデルハウスを参考にするのがコツです。

土地が狭くても良い家は建てられる!狭小住宅のメリットをご紹介

狭小住宅ってどんな住宅?

狭小住宅とは、特に小さな土地に建てられた住宅のことです。狭小住宅に分類される土地の大きさは、おおよそ15坪以下。非常にコンパクトな造りであることが最も大きな特徴です。家は広い方が良いというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、狭小住宅には広い家にはないメリットもあります。

狭小住宅のメリットは?

狭小住宅はコンパクトな造りであるため、平均的な住宅より比較的安いコストで建てやすいというメリットがあります。坪数が少ないので土地代を抑えられます。また、面積が小さいことにより、固定資産税なども安く済みます。土地を見つけやすいという点もメリットでしょう。立地条件が良く、かつまとまった広さがある土地を見つけることは簡単ではありませんが、15坪以下の土地であればグッと選択肢が広がります。

なお、狭小住宅で生活する中でもメリットが多々あります。例えば、住宅がコンパクトになることで、無駄な光熱水費を削減でき、生活費を抑えられることが挙げられます。広い家はその分さまざまな費用がかさみやすくなるもの。その点、狭小住宅は限られた土地に建物を収めるため、必要な機能を厳選しているため、無駄を削ぎ落すことができます。そのほか、敷地面積が限られているので、掃除や手入れがしやすいということもメリットでしょう。広い家は維持管理のための手間もかかります。このような狭小住宅のメリットも理解した上で、自分にはどのような住宅がマッチしているのか考えれば、より理想に近い家づくりができるかもしれません。

狭小住宅とは、狭い土地に建てられる在宅のことです。狭い土地というのはデメリットではなく、土地価の高い都心部でも安い税金で家を建てられるというメリットがあります。

庭や駐車場も大切にしたい! そんな注文住宅の設計とは

まずは完成イメージを明確にしよう

注文住宅は施主の好みに応じた自由な設計が可能な住宅です。居室を含む建物はもちろん、庭や駐車場も重視した家にしたいときは、できるだけ完成イメージを明確にして住宅メーカーの担当者と打ち合わせをしましょう。庭はどれくらいの広さで方角はどこを向いているのか、何台分の駐車場が必要なのかイメージしてみてください。建築予定の土地の広さと居住予定の人数のバランスによっては、庭や駐車場の広さを妥協しなければいけないかもしれません。おすすめのバランスは住宅メーカーの担当者から提案があるので、参考にしてください。

予算配分にも注意しよう

住宅の購入は高額な買い物になる傾向にあります。注文住宅は設計を工夫できるので建築コストを抑えた設計も可能ですが、庭や駐車場も重視する場合、最終的な見積もりが高額になるおそれがあります。住宅のコストを削りすぎて生活の質を落とさないように、予算の配分には注意してください。ここでも住宅メーカーの担当者からの提案が参考材料になります。庭は長期的な視点に立って完成を目指すプランにすれば、初期投資を抑えられるかもしれません。

駐車場はいろいろと工夫できる

駐車場を重視したいとき、必要な駐車スペースを把握しましょう。将来、何台の車を所有する予定なのかで必要な広さが大きく異なるからです。土地の広さとの関係でスペースの確保が難しいときは、住宅設計で工夫する手段があります。地下あるいは1階部分を駐車場にして、2階より上を居住スペースにすれば駐車場を確保できるかもしれません。地下に駐車場を作ったり高層の住宅を設計したりすると、建築コストが高くなることもあるのでよく検討してください。

名古屋の注文住宅を建てる際、特に子育て世代には、閑静な住宅街である文教地区がとても人気となっています。

普段の生活ではなかなかできないことを別荘でする

海の近くの別荘ならマリンスポーツでストレス解消

熱海や伊豆といった海の近くの別荘地であれば、マリンスポーツを思う存分楽しむことが可能です。海の近くにはサーフショップなどが点在しているので、マリンスポーツやダイビングの指導を受けられます。子どもたちも一緒に楽むのならば、なんと言ってもシュノーケリング。海の生き物に詳しいインストラクターが同行すれば、様々な生き物に出会うことができますよ。そうして海の世界に没頭していると、日々の喧騒を忘れてストレス発散できます。

本を沢山持ち込んでひたすら読書

別荘地では、本を大量に持ち込んでひたすら読書を楽しんでいる富裕層も少なくないようです。特に、大学教授などの知識人達にとっては、別荘は誰にも邪魔されることのないまさに秘密基地です。学生が突然やってくることもなく、大学の研究室にいるときのように、雑務に追われることもありません。今までに時間がなくて手がつけられなかった古書を読んだりすることで、新しい発想を生むことがあります。そういう意味で、別荘での読書の時間というのはとても贅沢です。

シェフを同行させて食生活を充実させる

別荘ライフをさらに充実したものにしてくれるのは、一緒に同行するシェフの存在です。別荘地にも名のしれたレストランはありますが、自分の好きなものを好きなように調理をしてもらうのは、時として難しい場合があります。そこで、顔なじみのシェフを別荘に同行してもらえば、日々の食事に悩むことも困ることもありません。おいしい食事が別荘での生活をさらに豊かなものにしてくれることでしょう。

日本を代表する山岳・八ヶ岳の別荘は、夏は涼しく真冬でも快適に暖かく過ごせるため、永住地としても最適です。また、趣味を楽しむために週末のセカンドハウスとして利用することもできます。

こんなにあるの!ロフト付きの注文住宅が人気の理由

収納スペースとして活用できる

マイホームとして注文住宅を希望する方は非常に多いです。注文住宅ならば、家族が住みやすいように自由に設計できるので大変便利です。実は、注文住宅を建設する際、ロフト付きの部屋を希望する方が増えています。ロフトの最大のメリットは、収納スペースとして活用できることです。洋服や電化製品、アウトドア用品など荷物がたくさんあると、クローゼットにきれいに収まらないものですよね。しかし、ロフトがあれば使わないアイテムを保管することができるので、部屋の中をすっきりと片付けることができますよ。

部屋を広く活用できる

ロフトがある部屋は天井が高く作られているため、室内が広く見える効果を期待できます。部屋全体を広く見せることで室内に奥行きが生まれるので、快適に過ごすことができるのが魅力といえるでしょう。したがって、限られたスペースでも開放的に生活したい方にとってロフト付きの注文住宅はぴったりだといえます。

洗濯物を干すことができる

ロフトは、洗濯物を干すスペースとして活用できるのも魅力と言えます。雨が降っている時は濡れてしまうので、洗濯物を外に干すことができませんよね。また、花粉症で悩んでいる場合も花粉が大量に飛散している時期は外に干すことは憚られてしまいます。しかし、部屋干しをしたくても意外とスペースを取ってしまうので、生活の邪魔になってしまいかねません。そんな時にロフトを洗濯物を干すスペースとして利用すれば、大変便利ですよ。リビングを広々と使うことができるので、快適に生活できます。

過ごしやすい生活のためには、コンセントの位置と数も重要なポイントの1つです。そのため愛知の注文住宅では、コンセントの位置と数にもこだわって計画を立てましょう。